変化の時代を切り開き豊かな社会に貢献する人づくり

手触りの感覚を大切にする

町子屋で私たちは「教える」という形で子どもたちに接しますが、10年後に子どもたちは社会人の仲間になります。学習などを通じて現在の成果を掴みながら、未来の仲間に向けた礎を築く気持ちで取り組んでいます。

グローバル化・少子高齢化・IT化など今後社会は変化の時代に突入し「学ぶ」重要性がクローズアップされています。そこで町子屋では教える人が教わる環境作りを進め、手触りの感触を特に大切にしています。
プロに考え方や手法を教わり自分たちで手を動かして創り上げます。

ホームページであればプログラマーさん・デザイナーさん・カメラマンさん、町子屋の内装であれば設計士さん・大工さんなど多くの方から学びました。もちろん仕上りは及びませんが自分たちの視野は大きく広がります。教わる中で自分たちでできること、逆にやるべきではないことが見えてきます。

こういった学びが町子屋の特徴であるコミュニケーション学習や普段の接し方にも随所に活かされています。

「価格の安さ」でお返しする

手触り・手作りは町子屋の品質を高めるために必要なこととですが、同時に経費を抑えることにも繋がっています。また、大きな広告宣伝を出すこともなく、フランチャイズではないのでロイヤリティの支払いもありません。
一つ一つの項目を丁寧に見ていくと、本来必要な部分は大切にしながらも経費を極力抑えることができます。
そうすることで町子屋の安い料金設定を維持するという考え方です。

Copyright © 運営会社「合同会社町子屋」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.